TOP >> スマホ内の蔵書は100冊以上

蔵書は100冊以上を持ち歩き。

電子図書を使用するようになって一年ぐらいです。

 

電子図書はいままでの紙ベースの原本と比べ、いがいに読みにくいと思ってしまいますが、なれるとそうでもなくなります。

 

光の関係で目が疲れるかもしれません。

 

しかし、買い足ししてたまった蔵書は100冊以上になります。

 

今まで、原本で購入した場合、読んでしまうと古本屋へ売却するか、ごみとして廃棄してしまうかの方法をとっていましたが、電子コミックは売るわけにもいかず、読み終えれば、データとして残っていきます。

 

これが、最初はもったいないと思ったのですが、読んだ後、数か月後読み返しても面白いコミックは何度読んでも面白いのです。

 

私のおすすめは、銃夢。何作も次のシリーズがでていますが、今後もでるようです。

 

太田垣康男のMOONLIGHT MILEも壮大な宇宙も物語でストーリーは月世界で止まっていますが、ありそうな大国の陰謀も絡めて何度も読み返しています。

 

EDEN近未来のウイルスに侵された世界を表したコミックも8冊になる壮大なコミックです。

 

機動戦士ガンダム、サンダーボルトも作者が太田垣康男です。

 

ガンダムとザクの闘いが描かれています。

 

電子コミックは装置さえあれば大型ディスプレーにも映すことができ、原本のコミックとは違った迫力で鑑賞することができます。

 

>>DMM18同人マンガをスマホで読んでみた